とりあえずの貯金目標金額を1人100万円に設定して、貯金をしましょう。

貯金

 

結婚前の貯金額

 

結婚するときに貯金はいくらぐらいあればいいのでしょうか?

 

結婚すると挙式代、新居費用、引越し代などがまずかかります。
新婚旅行を考えている方はその金額も考えなければいけません。

 

大前提としてその費用の金額を考え、ふたりでまず話し合い後々揉め事にならないようにするのが大事です。

 

その上で結婚に向けて貯金をしておくべきでしょう。

 

 

両家顔合わせと結納

結婚するために両家顔合わせはやらなければならないイベントです。
結納をどうするかは両家で話し合い決めましょう。

 

両家顔合わせ・結納の出費はどうするかを両家の親と相談して決めましょう。
自分たちで出す場合は内容にもよりますが15~20万円は見ておいたほうがいいでしょう。

 

 

 

結婚式の費用

結婚式にかかる費用は色々あります。

 

挙式代・披露宴会場代・新婦のドレス代・新郎の衣装代・お客様の飲食費・司会代・神父代・お客様へのギフト代・結婚指輪代・写真代・ビデオ代等です。

 

内容によっても違ってはきますがおおよそ200万円ほどは見ておくべきでしょう。

 

ただし、お客様からいただけるご祝儀もありますが、結婚式をする前に会場にお金を支払わなければいけないので、ここでは除外します。

 

結婚式場を前もってリサーチし、いくつか見積もりをとり検討するといいでしょう。

 

 

 

新居代

地域によって差も出てくるでしょうが、引越し代と新居に入居するための費用や新しい家具や家電の購入に大体100万円くらい見ておくといいでしょう。

 

 

 

結婚前の目標貯金額

これまでの試算を見ていくと合計でおおよそ300万円、2人で折半すると考えて1人150万円はあるといいでしょう。

 

しかし、新居に今まで使っていた家具や電化製品を持ち込んだり、結婚式を簡素にするなど金額を削れるところはたくさんありますので、とりあえずの貯金目標金額を1人100万円に設定して頑張って貯金してみると良いのではないでしょうか。