結婚を前に家族との問題を抱えている人必見!

家族関係のトラブル解消

 

家族の画像

 

結婚とは個人の契約であると同時に、家同士の結婚でもあります。

男女が結婚すれば、それぞれの家族もこれから交流を持つことになります。

 

「そんな考え方は古い!」「結婚とはあくまで個人同士の契約だ!」

という突っ込みが入りそうですが、

私たちは親から生まれ家族に支えられながら大きくなってきました。

 

結婚はあらゆる文化のはじまりであると言われています。

それを支えているのは、連綿とつながってきた親から子へのつながりです。

だからこそ親や兄弟、親戚の存在は大きいものなのです。

 

そしてその家族関係にトラブルがあっては、結婚する際にも大きな障害やトラブルとなります。

 

 

長い間、親と音信不通

ケースとしては少ないですが、親と疎遠になってしまった人もいます。
よく言えば自立していますが、いざ結婚するという段階になって「親は関係ありません。」とは先方のご両親には通じません。

 

これを期に親と仲直りをして関係を改善したいものです。
「親の反対を押し切って上京した」「ささいな喧嘩から勘当されてしまった」などきっかけとなることがあったにせよ、結婚という新しい船出を考えるときれいさっぱり水に流して関係を改善させましょう。

 

 

家族間での金銭トラブル

結婚をするとなると、大勢の親類や友人・知人を集めての結婚式や披露宴などが待っています。
その時に多くの人たちから、特に家族をはじめみんなに心から祝福してもらうためには、金銭的な遺恨だけは残してはいけません。親はともかくとしても兄妹や親せきに借金をしている場合には、全額返済しておきたいところです。

 

 

価値観の違いを埋める

日本というのは風土や文化の同一性が高く、風習や慣習も似通った民族ですので、国民全体の価値観は近いといわれています。

 

しかし個別の家同士の価値観というものは、必ずしもまったく同じということはなく、その家によってしきたりや常識が違うものです。こういったことは結婚前にお互いの家族がどういう家族なのかを話し合って、結婚後どういう関係をきづいていくかを話し合うといいでしょう。