結婚を前に自分の癖やマナーについて不安に思っている人必見!

直しておきたい癖

 

結婚するということは、生活を共にするということです。良い部分も嫌な部分もさらけ出すのが夫婦ですが、あえて醜態をさらして暮らしにくくなることはありません。

 

容易に改善できることなら、結婚前に積極的に直していきたいですね。結婚して相手のおかしな癖や食事のマナーに嫌気がさしてしまい一気に熱が冷めてしまうということもありえるのです。

 

直したい癖として以下のものが挙げられます。

 

<お酒やタバコが好きな人はこちらもご覧下さい。>

 

舌打ち

男性がついやってしまうのが舌打ちです。仕事でミスをしたり、うまく行かないときついやってしまう舌打ち。しかし一緒にいる人間にとって自分が思っている以上にこれほどプレッシャーになり険悪な雰囲気になる行為はありません。

 

 

寝相が悪い

結婚すると一緒のベッドで寝たいですよね。その時にパートナーの寝相が悪いと安眠できず、次の日の活動に影響を及ぼし多大なストレスになります。

 

 

電気をつけっぱなし・ドアの開けっ放し

きっちりした性格の人にとって、ドアの開けっ放しや電気のつけっぱなしは非常に気になります。そういうことを気にしない性格で許されることではなく、大人としての自覚を持ちましょう。

 

 

貧乏ゆすり

貧乏ゆすりの画像

これは直しておきたい癖の第1位ですね。

 

ただ近年の研究では貧乏ゆすりは実は健康に良いという調査結果もでているように、絶対悪いとまではいえないようです。しかしあまりに過度に行ったり、一緒にいる人に不快な思いをさせる癖のひとつではあるので、無意識にやってしまうという人は貧乏ゆすりをしている自分を意識することが大切です。

 

「相手に不快な思いをさせるから控えよう」という意識が、結婚生活にトラブルを起こさない秘訣となります。

 

 

食事のマナー・音を立てて食べる

結婚して生活をするということは、人間が生きていくために大切な食事を一緒にとるということでもあります。そして女性にとっては誰かと一緒にとる食事というのは、楽しい時間でなくてはなりません。その時にぺちゃくちゃと音を立ててモノを食べられることほどストレスになることはありません。

 

 

食事中よくこぼす

食事中、箸やフォークからものを落としてしまうとテーブルが汚れます。
子供なら許されますが、大人になってこのようなことをして可愛いがられることはありません。